リエーブルアラロワイヤル チャンピオンシップ

起源

“リエーブル ア・ラ・ ロワイヤル” 世界大会は2016年、トマによって創立されました。

彼の生まれ故郷ソローニュ、そしてフランス料理の伝統に敬意を表しています。

この大会は40年以上にわたりフランスの美食を祝っているイベント、

“Journées Gastronomiques de Sologne” の狩猟シーズンの初めに毎年開催されています。

技術と想い

このイベントは、地元の食材を味わいながら、

権威のあるコンクール、リエーブル ア・ラ・ロワイヤルコンクールも開催され

シェフドパーティー、セカンドシェフ、シェフドキュイジーヌが参加できます。

コンクールの条件として、リエーブル ア・ラ・ロワイヤルにガルニチュール、

ソースを添えることが条件とされています。

リエーブル ア・ラ・ロワイヤルはソローニュ地方を象徴する料理となりました。

“リエーブル ア・ラ・ロワイヤル“ とは ”野兎の王家風” という意味があります。

歯が抜けてしまったルイ14世が、歯がなくても楽しめるジビエ料理を料理人に作らせたことから生み出された料理です。ジビエ料理の最高峰とも言えます。

難易度が高く、技術あるシェフにしか作れない料理でもあります。

 

今日までにシェフ達はリエーブル ア・ラ・ロワイヤルのレシピをベースとし、

Périgourdine, Sénateur Couteauxなど様々なレシピを生み出しました。

Championnat du lièvre à la royale

QUAND AURA LIEU L'ÉDITION 2020 ?

24 OCTOBRE 2020